渡辺 のすべての投稿

便利なアプリだけでなく、親切なおじさんのおかげで目的地に着きました

おじさん

今日も、便利なアプリを使って、目的地へ行こうとしました。本当に、スマホでの地図や電車乗り換えのアプリは便利です。おかげで、どこへ行くのも、簡単に行けます。今日の目的地は初めての場所だったので、余裕を持って行くことにしました。

といっても、乗り換えアプリを、急いで、乗り換えではなく、少し急いで、にしただけですが。それでも、案の定、早めに目的地の周辺駅に着きました。そこからは、地図アプリを使いました。地図アプリの道案内が、大きな車は通れないような細い道を選んでくれました。これが、最短距離なのでしょう。

おかげで、大分早く着くことができました。しかし、そこからが大変だったのです。目的地は、小さい工場だったのですが、入り口がわかりません。さすがに、地図アプリに入り口は書いてありませんでした。小さいとはいえ工場です、一周1キロぐらいありそうです。

どちらに行けばよいかわからず、右往左往していると、別の工場の人がいたので仕方なく聞いてみました。しかしその人も分からないとの事。困っているとそこに、犬の散歩をしないる、おじさんが通り掛かって、困ってそうな私に声をかけて、入り口を教えてくれました。なんと、親切な人でしょうか。

結局、10分ぐらいで着くとこを、20分もかかりました。早歩きしたための汗と、冷や汗もかいてしまいました。しかし、親切なおじさんのおかげで、なんとか無事に着くことができました。ありがたいです。時間までにつけばいいのですから。

今回、最終的には、アナログに頼ることになってしまいました。おそらく、入り口も、ネットで調べようとすれば、できたのでしょう。でも、私にはそこまでの知識がありませんでした。

人とのつながりは嬉しい

一方、親切にされ、嬉しい気持ちにもなりました。やっぱり、アナログ、いいですね。当たり前ですが、デジタルにはない温かみがあります。着いた時は疲れてはいましたが、気持ちは暖かかったです。

ちなみに帰りも地図アプリで、駅までの道を調べてみました。ところが、これがなんと、行きと違う道で、しかも、これが簡単な(1回しか曲がらない)道が推薦されました。

どうしてなんでしょう、帰りは夜だったので、わかりやすい道にしてくれたのでしょうか。よくわかりません。とにかく、当然、迷うことなく、駅に着くことができました。いったい、行きの道案内はなんだったのでしょうか。少し、いい気分が減ってしまいました。

土日になると憂鬱になる!その対策方法とは

鬱

旦那は平日週に1度の休みです。なので土曜日日曜日は憂鬱になってしまいます。うちのメゾネットの隣人の人達は楽しそうに車に乗り込んでおでかけしてる人が多いですし、その中イオンとか行かなきゃいけない時は家族の人混みに余計に憂鬱になってしまいます。

サザエさん症候群

理由は羨ましいからです。うちには子供も居ないですし、私自身車の免許もないので自転車のみ。なんの気分転換にもなりません。なので、土日は出来るだけイオンは避けてしまいます。旦那は月に4回しか休みがないので2週間休みがない時もあります。うちは田舎なので車がないと不便です。

でも私は原付は持ってたのですが、1年で4回も事故ってしまい乗るのが怖くなり原付を売りました。この間、突然の腹痛に襲われて病院行くにも引っ越してまだ1年経ってもいないので場所がわからないのもあり、自転車にも乗れないほどの痛みだったので救急車呼ぶか悩んだほどでした。

こういう時車の免許あればなぁ。とつくづく思いますが、運転恐怖症なので無理な話です。しかも日曜日だったので、近所で子供の楽しそうな声が聞こえてきて涙が出そうになりました。次の休みは偶々祝日なのでかなり嬉しいです。人混み苦手ですが、やっぱり土日休みな会社で働いて欲しかったですが、金銭的な事考えると諦めるしかありません。

旦那がいないとつまらない

テレビも面白いのとかやってますが、やはり1人で観るより旦那と出かけたり寛いだりしたいです。我慢する事の方が多いですが、土日は不貞寝してます。そしたら起きたらご飯の用意したりお風呂入ったりしてたら旦那が帰って来るので。

でも夜寝れないという悪循環もたまにキズですが。洗濯物取り入れる時にちょうど帰宅してくる隣人さん親子に偶に苛立ち、そしてそんな自分に後悔して憂鬱になるのでまた横になってスマホいじったり。

土日休みなんて永遠に不可能なので趣味を広げたいと思っています。アロマの資格も勉強したいのですが、見当たらなく。クローゼットの奥の段ボール出して探すのも大変なのでまだそれすら行われてないですが。やはり不貞寝に限ります。

妊娠中なのに風邪を引いてしまった!が、とりあえず大丈夫らしい

私は今、妊娠中です。風邪を引かないように、外出する際にはマスクをしたり、家に帰ってきたら手洗いをしたりして、風邪を引かないように気をつけていたのですが、それでも風邪を引いてしまいました。

というのも、旦那さんが風邪を引いていて、家の中で咳をしたり鼻が詰まるといっていたりしたので、移ったら嫌だなとは思っていたのですが、ついに移ってしまったみたいです。

というのも、私が風邪を引いたときはその週は、近所のスーパーにしか外出していない状態で、さらにいつもマスクをしていっていました。そんな状況で風邪を引くよりも、土日や会社帰りの旦那さんが私の近くで咳をしたりしていることのほうが長かったので、おそらく、こちらから風邪のウイルスをもらってしまったんだと思います。

高い熱は出なかったのですが、37.5度の微熱が出てしまい、次の日には下がったと思ってもまた夕方ごろには少し熱が上がるというのが3日ほど続きました。妊娠をして熱が出たのが初めてだったので、お腹の赤ちゃんが大丈夫か心配です。

ネットで妊娠中の風邪について調べてみる

初めての妊娠ということで、ネットで調べたところでは、微熱くらいならお腹の赤ちゃんに影響はないということだったのですが、心配があるので、今度の土曜日に産婦人科に行って、先生に念のため見てもらおうと思います。

そして、ちょうど、出生前診断についてしてもらおうかと旦那さんと話し合っていたところなので、風邪の影響がないかを見てもらうのと同じ日に、出生前診断についても聞いておきたいと思います。

ちょうど今が出生前診断を受けられる時期らしく、私も若くは無い年齢なので念のために、羊水検査ではなく、もっと簡易に出来る検査についてしてもらえたらいいなと思っています。

今後は風邪を引かないように気をつけながら、生活をしていかないといけないなと思っています。普段なら風邪薬が飲めるのですが、風邪薬が飲めないというのは、風邪がなかなか治らなくて辛いです。

妊娠中 風邪

メダカに癒しをもらいながら今年も春を迎えます

わが家で飼育しているメダカたちは癒しの存在です。病気で死んでしまった金魚を飼育していた水槽が寂しくて飼い始めたのですが、想像以上に飼いやすく、自分の手で卵から育てられ、生命というものを感じられます。

個体の識別はできないので長寿のメダカがいるのかどうかは分かりませんが、飼育歴は8年ほどになります。この間に採取した卵は多く、しかし、成魚まで育てられたメダカは三十匹ほどです。たくさんの卵を採取できても、そのすべてを育てられるわけではないと調べてはいましたが残念でなりません。

屋外と屋内の二か所でメダカを飼育しており、どちらの場所でもメダカはすくすく育っているようで安心しています。卵の採取率が高いのは屋外で飼育しているメダカたちの方で、自然に稚魚が生まれていたりするので感動します。

屋内で飼育しているメダカの方は午前中に水草をチェックして卵を採取し、親メダカと別々にしています。屋外と屋内、どちらのメダカにも共通していますが、親メダカは卵を食べてしまうことがあり、特に屋内のメダカは卵を食べてしまうことが多いように感じられます。

自分の手でメダカを育ててみたいと思い、試しにとチャレンジしてみたのですが最初の年で十匹ほど育てられたことが自信となり、それから毎年続けています。卵はプリンカップなどの容器に入れ、孵化まで待ちます。採取した卵を毎日観察していると日に日に卵の中身が変化していくのが分かりました。

小さな小さな卵の中で懸命に成長している姿を見ていると毎日、楽しくて仕方ありませんでした。卵は放っておくと水カビが発生し、死んでいくことがあるとのことで、毎日新鮮な水と換えることが必要でした。人の手で育てるということは大変なんだなと思うと同時に早く孵化しないかなとわくわくしていました。

それから数日後、プリンカップを覗いてみると見慣れない細い針のようなものが浮いているのを確認しました。もしやこれは、と、注意深く観察していると針のような物体が動きました。メダカの稚魚でした。

あまりの嬉しさにカメラを構えてみましたが残念ながらうまく撮影することはできませんでした。その後、採取した卵のほとんどから孵化が確認できたものの、成魚にまで育てられたメダカは先述の通りで、うまく育てられなかった稚魚たちには悪いことをしたなと悔しさでいっぱいでした。

親メダカでさえ、小さな魚だなと思っていましたが、その稚魚となると、とんでもない小ささです。それでも精一杯生きようとするその力強さはすごいものだと感じています。今年もまたメダカたちが卵を産んでくれる季節になりました。昨年よりも多くの卵を採取し、成魚まで育て上げられるよう頑張りたいと思います。

藤沢選手の“操縦法”は、持ち上げ法。「そだね~」に込められた想い。

3月18日に「カーリング混合ダブルス日本選手権」の最終日が行われ、平昌オリンピックに男女4人制カーリングで出場した藤沢五月選手(女子)と山口剛史選手(男子)のペアが優勝し、4月にスウェーデンで行われる世界選手権の切符を手にしました。

優勝した2人ともオリンピックでの経験者という事もあり、オリンピック出場経験者がペアチームを組み、どこのチームが優勝してもおかしくない大会だったと思います。

オリンピックでは、男子は惜しくもメダル獲得はならなかったのですが、女子チームが銅メダルを獲得して、一躍、時の人となったのはまだ記憶に新しい事で、また、この時期に「もう混合ダブルスの大会があるのか。」と思ったのは私だけではないと思います。

その日の夕方の情報番組で、このペアチームの事が取り上げられていました。
男性の山口選手が33歳、女性の藤沢選手が26歳という、「兄と妹」ペアで臨んでいる様でも、山口選手の大会中に作り上げた「藤沢マニュアル」というものがあったという事を知りました。

作戦を練るのが得意な藤沢選手は、10代の頃に父親もカーリングをしているカーリング一家に育ち、父親とペアを組んで大会にも出場していることを知りました。当時の事を番組で藤沢選手の父親が話しているのを聞きました。

「五月(藤沢選手)は、自分の考えを貫くタイプで、作戦に反対しても全く聞きませんでした。」と。それが、他人と組む事で自分の作戦を山口選手が、真っ向から反対しても聞かなかったらしく、その時に相談したのが、藤沢選手と一緒にオリンピックに出場した「吉田知那美」選手だったそうです。

オリンピックの時に、「そだね~」の声で、仲間たちの輪を取り持っていたのが、吉田選手だったそうです。一躍、流行語にもなりそうな言葉でしたが、そんな深い意味が隠されていたのなんて思っても見ませんでした。

山口選手もこの試合には、「そだね~」を連発していました。そんな山口選手は、「知那美ちゃん(吉田選手)はすごい。」と藤沢選手の目の前で、記者会見で話したのです。そして、そんな話を隣で嫌な顔一つせず、ニコニコしながら、聞いていた藤沢選手もやはり、「ただものではない!」と思いました。

私はオリンピックの時のカーリング女子選手の本橋麻里選手が築き上げたチームが、本当の意味での強さを見せたのは、若い選手が「麻里ちゃんの為に」というスローガンと、吉田選手の「そだね~」という当たり障りのないほわっとした、でも、チームプレーを一本化することが出来た嫌みのない回し言葉が、これまでメダル獲得にならなかったスポーツを一躍有名にした事にやっと気付きました。

山口選手の「そだね~」は、男のごつい声で会場に響いてましたけど、藤沢選手にとっては、まんざら悪くない事だったのかもしれないです。世界選手権でどこまでやってくれるかが、今から楽しみです。

妊娠中のタンパク質補給にプロテインを使ってます

プロテイン

第二子を妊娠中ですが、早いものでもう九ヶ月です。あと一ヶ月もすれば正産期に入ります。妊娠後期は急速に胎児が成長しますが、母体の体重はあまり増やしたくないところです。私はBMIが妊娠前に25あって肥満気味なのであまり増やさない方がいいんです。

BMI下げる

つわりで4キロ減ったのですが、そこからスタートして7~10キロ程度の体重増加に留めるべきと言われています。現在はつわりで減ったところから6キロ増えたところなのでもうあまり増やさない方がいい感じです。

でもタンパク質はしっかりとらないと、胎児の成長にも母体の栄養的にもよくないのはわかっています。ですが胎児に胃をおされているせいかなかなか食べられないのも現状です。それにタンパク質を食品からとろうとすると必然的に脂質と炭水化物がついてきます。かといって鳥のささみばっかりでは飽きてしまいます。

行きつく先はプロテイン

私が最終的にたどり着いたのがプロテインでした。プロテインというと筋トレをするようなムキムキマッチョの人が使うものというイメージがありましたが、飲んでみると意外と調子がいいのです。

タンパク質以外の成分はほとんど含まれていないのでカロリーもそんなにたかくないし、飲むだけなので食欲がなくても意外といけます。妊娠中は体重×1.5くらいはタンパク質がいると聞きましたが、この量を食べ物からとるのは至難の業です。少なくとも食欲が落ちている今の私には無理です。

ですがプロテインを併用すればなんとかできます。寝る前にプロテインを飲むと目覚めがよくなるという嬉しい副作用も感じられました。またタンパク質をとることでやはり体力がつくのか、何となく上の子の遊びにもよくつきあえるようになった気がします。

難点は高いということです。国内のプロテインは1キロ5000円くらいしてなかなか常用するには高いお値段です。でも体調と健康には変えられないということでへそくりから出して買っています。あとビタミンCを一緒にとると調子がよいです。産後もこの調子で元気に生活したいものです。