人生初のクレジットカード作成!手順や決め方をご紹介

dカード

近年のクレジットカード申し込みはインターネット手続が主流となっています。なおかつ簡略化されていて、非常にありがたいことにインターネットでカード発行の依頼を行って、早くて30分くらいで新規加入の審査をすべて済ませることができます。

私も最近クレジットカードを作ったのでどうやってカードを選んだのか、作成時の注意点などを紹介しようと思います。

クレジットカードの決め方

近頃のウェブサイトでは、クレジットカードの特典内容やポイント還元率の違いなどの情報を詳しく、わかりやすく説明してくれている比較サイトがたくさんあります。

実際にクレジットカードを使っている方の、感想などを可能な限り取材して、満足度が高いカードが多く紹介されているので、こうしたサイトを見ればカード選びの際に役立ちます。

私も3つくらいのサイトを見てクレジットカードを選びました。

年収は300万円あれば年会費無料カードなら通りやすい

入会の審査基準として年間収入の合計が300万円以上の方は、申し込んだ人の年収が目安を超えていないことから、希望しているクレジットカードについて入会審査をクリアできないということは、たいていありません。

ただ、もし以前に債務に対して「延滞」「債務整理」全ての債務を無効にする「自己破産」などといったことがあるという方の場合だと、そうでない方に比べて通りにくくなります。

ETCカード発行できるかと年会費の有無

年会費無料ETCカード

ETCカード作れるかどうかもクレジットカード選びで需要なポイントです。ほとんどのクレジットカードはETCカードを追加発行することが可能です。

気を付けなくてはいけないのが、ETCカードの年会費です。クレジットカードの年会費が無料ならETCカードも無料でしょ?と思っていたのですが、実はクレジットカードとETCカードの年会費は違います。

ETCカードの作り方!年会費無料がおすすめ

例えば有名なカードだと楽天カード。クレジットカードの年会費は無料ですが、ETCカードは年間500円かかります。作った後、完全無料だと思っていたのに!とならないように、ETCカードを発行予定の方はちゃんと年会費を確認しましょう。

海外旅行に行くなら保険付帯カード

海外旅行に出かけるたびに、トラブル対策のために海外旅行保険を料金を支払って加入していたなんて人も多いかと思います。ですが、最近ではクレジットカードに標準で海外旅行保険が付帯しているカードもあります。

海外旅行保険が付帯したクレジットカードを作っておけば、今後海外旅行に行く際に保険の手続きが省略できるので楽になりますね。

ただし、気を付けてほしいのは「海外旅行保険なら、上限3000万円まで補償できます!」といっているクレジットカードを利用していても、「何でも、間違いなく3000万円まで補償間違いなし」という訳ではないということです。ちゃんと規約を読みましょう。

自分に合った一枚を見つけて欲しい

クレジットカード選びは、今後の生活が便利に豊かになる可能性を秘めています。適当に決めず、自分にあったクレジットカードを見つけるようにしましょう。